マットレスのモットンとエムリリーを値段や評判や口コミはどちらがいいのか比較してみました。

モットンマットレス モットンマットレスの比較・口コミや評判

マットレスのモットンとエムリリーを値段や評判や口コミはどちらがいいのか比較してみました。

マンチェスター・ユナイテッドの公式スポンサーであるエムリリー
エムリリーは反発力によって、エコヘルス、優反発、ハイブリッドと3つのシリーズを販売、厚さも11cm、8cm、5cmの3種類展開していて、選択肢が多いのが特徴です。

世界各国でも人気があるようですが、日本で評判のモットンとはどこが違うんでしょうか?

価格や腰痛対策、口コミの評判内容を比較してみました。

モットンマットレスは公式サイト注文でメーカー直送が最安値でお得!!公式サイトはココからクリック!!

モットンとエムリリー、お得に買えるのは?

厚さ10cmのモットンと比較しやすいよう、エムリリー優反発シリーズの厚さ11cmの値段で比べてみたいと思います。

・モットン…シングル39,800円、セミダブル49,800円、ダブル59,800円
・エムリリー…セミシングル30,218円、シングル32,378円、セミダブル39,938円、ダブ
ル47,498円

エムリリーの方が若干安いですね。

モットンもエムリリーもどちらも10年もつそうなので耐久性もバッチリです。

保証はどうでしょうか?

モットンは、90日間のお試し期間があり、返金保証付きです。
気に入らなければ返品OKということで、安心感がありますね。

一方、エムリリーは、3年間の品質保証付き。
これは、使っていて「へたり」が出た場合、新品と交換してもらえるサービスだそう。

保証はどちらも充実していますが、じっくり試してから購入したい方は、モットンの方が安心ですね。

モットンとエムリリー、腰痛対策に効果的なのはどちら?

デンマーク生まれのエムリリーと、日本の会社がつくったモットン、腰痛対策に効果的なのはどちらのマットレスなんでしょうか?

エムリリーの優反発シリーズは、優反発フォームとオープンセルフォームの二層構造になっています。

上層部の優反発(70N)で優しく包み、下層部(140N)で支える、といったイメージ。

一方モットンは、ウレタンフォームの一層構造。
硬さは、100N、140N、170Nの3種類から選べます。

注目したいのは、モットンは日本人向けに研究・開発されている点。
日本人は欧米人より筋肉量が少なく、寝返りがしにくいそうです。

モットンはその点を考慮して、軽々と寝返りが打てるように計算された高反発と硬さで設計されているんだそう。
「ラクに寝返りができる」というのが、腰痛の改善でとっても重要なんです。

エムリリーは世界各国で人気だそうですが、腰痛改善という観点では、日本人向けで寝返りがしやすいよう設計されたモットンがオススメです!


モットンとエムリリー、口コミ比較

エムリリーの口コミ
・硬めのマットレスより合っていた
・思っていたより柔らかい
・安いのに良い商品

モットンの口コミ
・朝、身体が軽くなった
・腰が沈み込みすぎず、寝返りがしやすい
・劇的な変化はないが、使っているうちに良くなってきた

口コミを見ていると、エムリリーは柔らかめな印象です。
実際、上層部は70Nと、モットンと比べても低い数値ですよね。

包み込まれるような寝心地が好みの方や、体重が軽い方にはいいかもしれません。

一方モットンは、使ってすぐには効果が実感できない場合があるみたいです。
確かに腰痛や身体の歪みは骨に関係しているので、数日ですぐに改善するはずはないですよね。

使って1、2ヶ月で効果を感じている人が多いみたいでした。
買ってすぐには効果が感じられないので、モットンは90日の返金保証を付けてくれているんですね。

まとめ・モットンとエムリリーを値段や評判と口コミ

エムリリーは厚さが11cm、8cm、5cmから選べるのが最大の特徴。

また、モットンよりエムリリーの方が7千円くらい値段が安いです。
そのため、少しでも安いマットレスが良いという人や、薄いトッパーを探している方はエムリリーが良いかもしれません。

少し高くなってもいいから、腰痛に効果があるかじっくり試してみた方や、体重が重い方、マットレスの硬さにこだわりがある方は、返金保証付きで体圧分散に優れた高反発のモットンを選ぶといいですよ。

モットンマットレスは公式サイト注文でメーカー直送が最安値でお得!!公式サイトはココからクリック!!

タイトルとURLをコピーしました