寝なれた固めの布団やマットレスじゃないと寝られない

寝なれた固めの布団やマットレスじゃないと寝られない

27歳の時に家を出ましたが、その時以来使っている布団で今でも使っていましたが今は固めのマットレスに変えてよかった。

新たな敷布団を購入しましたが、使ってないわけじゃないんですが、夏場はほとんど使わなくなりました。布団としてはもはや綿がでてしまっているのですが、市販で売っているカバーをもしくは布団を包む袋?を屈指して今でも使用をしているわけです。ふかふかしている布団より俗にいう、せんべい布団のほうがよく寝られます。実はべっとが嫌いなので敷布団なんですが、ずっとこの状態です。ベットは引っ越しの時にも持ち運びが容易じゃない。今考えると体重で硬さが本来からるのでやわらかい布団が苦手だったのもわかります。今はマットレスも固めが気に入ってます。

たまに布団を干していて、雨が突然降ってくる事がありびしょびしょになる事がありました。それでも乾かしてなんとか使っています。こういう環境の変化にあまり順応できないのは、もしかすると子供でよくある特に男性に多いように思いますが、古いものをずっと掛布団とかも使用する人いますがあれと一緒だと思います。

なんでそんな古いの使ってるのか?という疑問がわく人いますが、実は当人にとってそれがないと不安でなりません。そういう人の気持ちがよく私には解ります。

一番困るのが外出で寝るケースです。枕も変わりますし、布団も当然かわります。そういう分けで昔は旅行が好きだったのですが、今は宿泊はあまり好きじゃなくなりました。自分の部屋が一番だと思います。

話は変わりますが、最近敷き毛布とか、かけ布団とか随分と安くなったと感じます。昔ながらの布団屋さんが近所にありますが、かなり値段の高いものがならんでいます。

ネット通販でモットンが安くて評判なので選んでみました。

イオンなどに行くとかなり安いものがあります。どういう風に価格として違いがあるのかは分かりませんが、人生で1/3は布団の中で過ごすといいます。布団はかなり重要な要素となります。値段が安くともかなり品質は悪いとは感じません。私はタオルケットより敷き毛布の方が好きですね。値段も安いので数枚持っています。

敷き布団は一週間に一回洗います。普通の洗濯機で洗えるので、敷き毛布は便利だと思います。ところでよく漫画である、おねしょの後をよく干してあるシーンがありますが、実際には見たことがありませんね。あんなまんべんなくおねしょするひとも珍しいです。

睡眠という話題にはどうしても布団という事が不可欠です。ちなみに海軍ではハンモックを使いますが、これは撃沈された時にどこでも寝られるようにとの訓練として導入しています。自分の船がなくなる場合もあるからですね。睡眠は人間の生活で不可欠なので、様々な考慮がなされているのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました